AI導入 目的とゴール設定の重要性

企業ビジネスでAI(人工知能)/機械学習の導入検討が進む中、思わぬポイントでAI導入につまずく企業様も増えています。今回はAI導入を行う上で考えておきたい目的(テーマ)設定の重要性・ビジネスゴール設定の重要性についてご紹介いたします。

目的・テーマがはっきりしていないと失敗に繋がりやすい

最近AI導入を検討している企業様で多いのが「目的やテーマが曖昧なままAIの検討が進んでしまう」という点です。特にトップダウンでAIの検討を開始する企業様の場合、「データがあるのでとりあえずAIを使って何かやってみたい」「データを使った新規事業を行いたい」など、具体性の欠ける目的で検討が進みがちです。
この場合、最終的に目的がAIの導入となってしまうケースも多く、せっかくAI導入が進んでも、思うようにモデルの精度が出ないから意味がない、そもそもコストをかけてAIを導入する意味がない、といった結論でAI導入が失敗するパターンがあります。

目的・テーマを設定する際に重要なのが、基本的にAIであっても他のシステムと同様、ビジネス課題を解決するための手段の1つとして捉えご検討いただく必要があります。
例えば流通業であれば「発注効率化による在庫コストの圧縮」、製造業であれば「不良品検知による業務効率化で人件費を削減する」など、ビジネス課題に対しての解決策として、できるだけ具体性のある目的を設定していただくことで、成功に繋がりやすくなります。「AIの導入が目的になっていないか」、この点を常に気をつけながら進めていくことをお薦めします。

業種別 目的・テーマの例

AI導入における目的・テーマは、「売上アップ」「生産性向上」「コスト削減」「品質向上」「リスク低減」に集約されることが多いです。この中で、業種毎に具体的な目的やテーマを設定していきます。以下は、最近当社へお問合せの多いAI活用の目的やテーマとなります。

【流通】
・売上予測:各店舗の売上予測から、プロモーションプランニングを検討する
・棚割最適化:商品の棚割り画像から最適な棚割を予測し、売上げアップを図る
【製造】
・不良品検知:不良品検知による業務効率化で人件費を削減
・在庫最適化:各倉庫における発注予測を実施し、在庫不足や余剰在庫の改善を行う
【金融】
・与信審査:取引相手の返済能力や信用度を自動審査し、審査業務における作業効率化と品質向上を行う
・不正取引検知:AIで不正取引の検知を予測し、コストと作業時間を削減
【医療・ヘルスケア】
・疾病予測:病院の診断結果から、疾病別の発症リスクを予測する
・診療支援:患部の画像から病気の確率を予測、AIで医師の診断支援を行う
【サービス業】
・出店計画:新店舗出店における売上予測から、新店舗出店の可否を検討する
・購入予測:購入しそうな見込客を予測し、先回りしたアプローチを実施することで購入率を上げる
【EC・通販】
・キャンペーン最適化:広告クリエイティブや予算配分を最適化し、利益につながる広告を可視化
・レコメンドAI:AIで特徴量を抽出、顧客一人一人にお薦めする商品を自動推奨し、レコメンド経由の購買率を上げる

ビジネスゴールの設定

AI導入は目的だけではなくビジネスゴールも設定しておきましょう。設定する際のポイントは「ビジネスゴールはできるだけ数値で判断できるものを設定する」「AIは継続的な学習が必要だと理解して進める」という点です。

数値で判断できるゴールを設定することで、AI導入が成功したかどうかを正確に判断することができます。またAIは、何度か学習を繰り返し、徐々に精度を上げていきます。すぐに理想の数値が出ない場合もありますので、できればステップ毎にビジネスゴールを設定して、都度プロジェクトを振り返って進めることで、AI導入がスムーズに進みます。

AIは明確なビジネスゴールがないと活躍できない

AI導入を行う際は、事前にビジネスゴールを数値化した上でAI導入の費用対効果を正しく判断できるようにしておくことが重要です。
実際によくある失敗例として多いのが、AIを構築する前にトライアル(PoC)を実施する場合、ビジネスゴールを明確に決めていないと、モデルの精度向上を始めとした技術検証中心に陥りがちになり、その結果精度が悪いので効果がなかったという判断でAI導入が上手く進まないパターンがあります。
技術検証はもちろん重要ですが、AI導入の目的はそもそもビジネス課題を解決するため手段の一つです。そのため最終的に費用対効果があるのか・ないのかで判断することがビジネスの現場において、AI導入を進める上で重要となります。

まとめ

今回は、AI導入における目的とゴール設定の重要性についてご紹介をさせていただきました。導入をご検討する際のご参考になれば幸いです。

アクティブコアでは、モデルの構築から運用までを自動化するAIプラットフォーム「ピタゴラスAI」を提供しています。AI活用でお困りのことがございましたら、お気軽にご相談くださいませ。